情報

ディミニの避難所で死にかけている猫



ディミニの避難所についてはすでに騒々しかった。ボランティアは彼らを医者に連れて行きましたが、彼らを救うには遅すぎました。

  • 猫についてのトップ

ディミニの避難所についてはすでに騒々しかった。今、別の憂慮すべきメッセージが到着しました。
数日間、負傷した猫や病気の猫は獣医の世話を奪われました。ボランティアは彼らを医者に連れて行きましたが、彼らを救うには遅すぎました

7月28日(日)、主に週末を手伝うボランティアが、頭蓋骨が折れて動けない猫を発見しました。骨盤手術後、別の場所に猫がいました。その隣に水と食べ物のボウルがありましたが、彼も動くことができませんでした-エワは言います。

避難所のスタッフにボランティアが介入した。後者は、おそらく獣医と呼ばれ、猫の1匹は寒いかもしれないので毛布で包むべきだとアドバイスしました。それが役に立たなかったとき、エワは苦しんでいる動物を獣医の手術の1つに連れて行きました。 -そしてここで私はすべての猫が瀕死の状態にあり、安楽死が必要であることを知りました-彼は言います。彼女は、当直医が以前に治療を受けたことがないと示唆したと付け加えた。彼女が事件の直後に避難所に来たとき、そのマネージャーは動物を獣医に連れて行ったとして彼女を起訴すると脅した。 -でも怖くなかった。私は彼らが助けに値すると信じています-彼は強調します。


詳細:kielce.gazeta.pl


ビデオ: おーあみ避難所 1月のカレンダーから (六月 2021).