注釈

ボールを負傷した犬:応急処置を提供する方法


歩き回ったり歩いたりするとき、犬はすぐにボールを負傷する可能性があります。この場合、4本足の友人に応急処置を施す方法を知ることはさらに重要です。 ベールの負傷に対する応急処置を迅速に提供できます-画像:Shutterstock / Adya

鋭い石、破片、そしてすでに起こっています:犬のボールの負傷は、通常は特に危険ではありませんが、4本足の友人にとって非常に痛みを伴い、しばしば大量に出血します。したがって、ここで冷静に保ち、応急処置を迅速に提供することが不可欠です。

ベール負傷の応急処置:状況を評価する

あなたの犬が足や足で正しく表示されなくなったことに気付いた場合、それは彼がボールの負傷にかかっている可能性があります。それは痛い足かもしれませんが、おそらく足は放牧されているか破れています。多くの場合、このような足の怪我は、犬が異物に​​侵入したためにも発生します-これは、尖った石、とげ、または割れたガラスですらあります。

怪我に気付いた場合は、傷を広げないように犬を落ち着かせておくことが重要です。次に、足を注意深く調べて、負傷の性質を判断します。疑わしい場合は、懐中電灯を使用して、傷の中の小さな石やとげを特定します。犬が傷口をなめすぎないようにしてください。これにより、例えば出血が増加する可能性があります。

犬を助ける方法

透明なきれいな水で足を洗浄し、犬用の消毒スプレーで足を消毒することにより、応急処置を提供できます。傷の中に異物がはっきりと見える場合は、ピンセットで慎重に異物を取り除きます。最後に、傷に汚れが入らないように、滅菌した足の包帯を着用します。

ただし、隙間ができたり、重度に出血するベールの負傷、または簡単に取り外せない大きな異物がある場合は、ててできるだけ早く獣医に診てください。ペットの飼い主は、彼らがどれほど深刻かを常に評価できるわけではないため、一見小さな怪我でも検査する必要があります。

雪と氷での足のケアの4つのヒント

寒さ、雪、氷の中で、少し余分な注意を払って犬の足は軽傷を避ける必要があります...